Notice: Array to string conversion in /var/www/home/apsme.or.jp/htdocs/admin/wp-content/plugins/trust-form/trust-form.php on line 950

Notice: Array to string conversion in /var/www/home/apsme.or.jp/htdocs/admin/wp-content/plugins/trust-form/trust-form.php on line 952
理事長の挨拶 - APSME(アプセム) 一般社団法人 中小企業アジアビジネス促進協議会

アジア向けビジネスの情報提供や具体的サポートを通じて、中小企業の皆様をご支援します。 アプセム アジアビジネス促進協議会

理事長の挨拶

理事長の挨拶

中小企業アジアビジネス促進協議会 理事長 鈴木 兼四かつて日本の中小企業様は、その技術力・勤勉さ・忠誠心・コスト力をもって、 大企業を、下から支えて来ました。
しかし、近年、中国・韓国などアジア諸国企業が、低賃金により、日本企業を圧迫し、大企業は、生き残りの為アジア諸企業と合弁組むなど、現地生産に移行して行きました。

この為に、取り残された中小企業様は、独自の道を切り開き、アジア諸国企業との合弁等、パートナーシップ含め、生き残って行かねばならない、厳しい状況に立たされております。

関西大企業に36年間在籍した私は、お世話になった日本の中小企業の皆様に、今までの経験・知見・人脈を活かして支援したい、そういう気持ちで、一般社団法人 中小企業アジアビジネス促進協議会(通称アプセム・APSME)の理事長を引き受けました。

アプセムは、中小企業様の支援を「理念」とし、その要請が成就させる事を「使命」とします。

中小企業様が抱える課題、それは、アジア諸国への輸出・アジア企業との合弁・流通等の海外展開に関するノウハウの不足、アジアのパートナー(商社・メーカー等)の人脈不足、英語・中国語の言語の壁、資金不足と考えられます。これらをアプセムは、豊富なスタッフにより、支援して行きます。

1.アジアのビジネスについて聞いてみる 2.アジアの国々を訪問して、その市場や社会を見てみる 3.アジアに関わるビジネスをやってみる

当協議会の3つの行動

アジアのビジネスについて聞いてみる

「貿易やろうぜ!」勉強会の様子私たちは、昨年から、海外ビジネスに関心のある有志が集まって「貿易やろうぜ!」という「勉強会」を始めました。

なぜ、「勉強会」なのかといいますと、発表する方もそれを聴く方も、皆さん、この「貿易やろうぜ!」に参加することによって、さらに知識、見聞を深めようにするためです。上から目線での
「セミナー」「講演会」ではなく、皆さんの持ておられる「海外からこんなものを輸入したい」「海外へ自社の製品、商品を販売したい」とかの現実の課題をみんなで考えながら解決策案を見出して行く場として考えています。

アジアの国々を訪問して、その市場や社会を見てみる

実際に海外市場を「見てみる」事が大切です。海外へ進出するには、やはり、現場、市場、文化、人となりをご自分の目で見てみることで、今まで温めてきたアイディアの実現の方法を発見したり、新しい気づきを得たり、新しいビジネスパートナー、チャンスを掴むことが出来ます。

海外進出の3つの壁、つまり、言語・習慣の壁、物流・通関の壁、貿易・流通の壁を現地に行くことによってある程度克服することが出来ます。

当協会の大きなカリキュラムの柱として、アジア各国への視察旅行を進めて行きます。

アジアに関わるビジネスをやってみる

やはり、事業をしている限り、やってみて「ナンボ」の世界です。この協議会に参加して、実際にアジアとのビジネスを始められることをお勧めします。この協議会での活動を通じて、メンバーの方々が、事業を発展させていただけるような場にしていきます。

当協議会に参加して、交流を深めながら、自社の経営力を高め、アジアとのビジネスを始めるきっかけを作っていきませんか!

アプセムに入会する

  • 最新情報をメルマガにて配信中
  • 会員のお申込み
  • セミナーへのお申込み
  • お問合せ